幸せホルモンのお話 vol.1

・ストレスでイライラしがち

・楽しいことがない

・やる気が起きない

これ、当てはまりませんか?

当てはまるあなた

もしかして、幸せホルモンが足りてないかもしれません

代表的な幸せホルモンは

この3種類

💫セロトニン

💫オキシトシン

💫ドーパミン

〜オキシトシン〜

元々母乳の分泌を促進するホルモンとして知られてて

今では恋愛ホルモン・思いやりホルモンとも言われてる

○心に安らぎを与え・気持ちを前向きに

○幸福感を与える

○社交性を高める

○不安や恐怖を和らげる

安心感や、安らぎを与えてくれてるホルモンってことですね〜

〜セロトニン〜

○イライラを解消してくれるホルモン

セロトニンが分泌されると自立神経のバランスも安定します

気分の浮き沈みが少なくなるので

ストレス・イライラも軽減してくれます

さらにメラトニンの素にもなり

日中セロトニンがしっかり分泌されると

夜はメラトニンがしっかり作られ

睡眠の質もあがりますね

〜ドーパミン(やる気ホルモン)〜

私は勝手にご褒美ホルモンと呼んでます。笑

○快感を増幅させる

○やる気を促し、幸福感をあげる

目標を達成すると分泌され

さらにやる気を出すホルモンって感じかな〜

目標達成や危険回避のためには必要なホルモンですよね

記憶や学習

いわゆる「ワーキングメモリー」にも関与していて

やる気(ドーパミンが出る)

→集中力や記憶力が上がり

→仕事の効率も上がる

→タスクを達成する

→やる気が増す

いいサイクルだと、こんな感じでどんどん進んでいけますね

ドーパミンのわかりやすい例えでゆーと・・

マラソン走る時、私は

2度と走りたくな〜い!!

って思いながら走るんですが。。

ゴールしたらなぜかまた走りたくなったりするんですよ

これ、コイツのせい。

いや、この子のおかげです。笑

インスタライブでこんな話をおしゃべりしております✨


妊活中の方

女子力アップしたい方

心と身体を整えたい方


当てはまる方はぜひインスタライブも見てくださいね✨

東洋医学と西洋医学、両方の視点で話をするので

なかなか好評です♪(自分でゆーのも何ですが。笑)


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示